スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今年読んだ本で良かった本3冊

もうすぐ今年も終わり!
ってことで、今年読んだ本の中で良かったものをいくつか紹介します。

3冊じゃちょっと足りないくらいですけどね・・・。


まずはこれ。


ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

中小企業診断士の受験対策で読んだのですが、生産管理の現場がとてもわかりやすい!
主人公が工場を立て直していく過程の中で、様々な課題を解決していくのをストーリー仕立てで読めるので、臨場感があり、単純に参考書を読むよりも理解度が高いと思います。

これを読んだ後、著者エリヤフ・ゴールドラット氏の他の小説を全部購入。まだ1冊読んでませんが^^;
以下の書籍もオススメ。SCMが専門の人には当たり前のことしか書いてないらしいけど、知らない人にはわかりやすいと思います。


ザ・クリスタルボール



続いて、この本


脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術

何かを継続したいけど、なかなか継続できないって人!
それは続け方がわかってないからなのです!

どうしたら継続できるか、それがこの「続ける技術」を読めばわかります^^

この本も同じく、著者の石田淳氏が気に入り、作者買いしてます(笑)
今3冊目で以下の本を読んでる途中です


超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法

これはかなりビジネスに生かせそうです。
GTDの本も買ったので、2つを融合させて仕事を効率化していきたいと思います!

ちなみに買ったGTDの本は以下の本です。


ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則

Amazonの評価見てもかなり良さそうな本です。



では最後に。またまたビジネス小説です。


ドリルを売るには穴を売れ

この本は最近リメイクされて発売されています。


新人OL、つぶれかけの会社をまかされる (青春新書PLAYBOOKS)


この小説は、業績の悪いイタリアンレストランを再生していく過程の中でマーケティングを学んでいくというもの。
理論の本で学んでも、実際にマーケティングしていく中でどのような順番で何を考えていけばいいのかって部分がわからなかったりするわけですが、ストーリーで主人公が解決していくのを読みながら学ぶことができます。

「ザ・ゴール」シリーズと同じくストーリーなので理解度がすごい!
同じく作者買い中^^;

続編の以下の書籍も読みました!


売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティング戦略


2冊読んでみて思ったのは以下の2点
・マーケティングしてみたい!
・この主人公のお店、行ってみたい!

それほど、良いマーケティング戦略で魅力的なお店になったということですね。


佐藤義典さんのオリジナルのマーケティングフレームワークが使われているのですが、これがまたすごい!
著者がよく言う「一貫性と具体性」、これが一般的なフレームワークと比較して説得力があるんですよね。

メルマガの「売れたま!」も購読してますが、かなりすごい分析力です。

今後、マーケティングを強みとしていきたいと思っていたので、この著者との出会いは衝撃です。



さて、3冊と言いながら、派生でいっぱい紹介してしまいました^^;
3冊と言うより、良かった著者3人って感じですね!

今年は結構本読みました。
来年もたくさん読みつつ、仕事にもっと生かしていきたいと思います!!




スポンサーサイト




検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。