スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スマステーション文房具特集



久々にセミナー以外の更新です^^;


先日のスマステーションで放映された文房具特集について


人気文房具ベストセレクション21ということで、21の文房具を紹介していました。
すでに持っているものや、知っているものもあったのですが、「これは!」ってものもあったので、自分の備忘録のためのメモがてらご紹介(笑)





・アーチルーラー



定規を真っ直ぐじゃなくアーチ型にすることで、直線を引きやすく、またマジックで線を引いたときも滲んだりしにくくなってるそうです。
定規は真っ直ぐなものという固定観念を打ち破って新商品を作り出してます。



・ホワイパースライド



裏から見えない見えない修正テープです。
修正テープで修正しても裏から透かすと読めてしまうという声を元に作成。
透かしても読めないように、ただテープの裏にランダムな文字列が表示されてるだけの簡単なものですが、しっかりニーズは満たしています。



・ポメラ



デジタルメモ。電子辞書くらいの大きさでキーボードが畳めるので収納は小さく、使うときは大き目のキーボードが使えます。
たしかに外出時にメモ取るのにデジタルのほうが楽なときありますよね。
でも、iPad持ってればBluetoothのキーボードでOKな気もします。



・エアペン ポケット



同じくメモツール。
手書きしたものが画像(?)としてパソコンや携帯に転送できてメールで送れるというもの。
紙に書いてるときの音波振動を拾って認識するそうな。なんかすごい仕組です。
手書きの地図なんかが送れちゃうので便利なような、そうでもないような?

そういえば携帯カメラでもいいですね(笑)



・テープ・デ・グー



テープカッターです。修正テープみたいな感じで貼る面に直接引っ張ってカットもぐっと押すだけで簡単。
普通のテープカッターだと長さが短すぎたり、テープが絡まったりとかするけど、そういうのを防いでくれます。

便利だな~って思ったけど、会社では封筒にテープ貼るとき、取れないように折り返すんですよね。
(表からスタートして裏を通って表で終わる。この表現でわかるかな^^;)
なので、途中で切らないので、逆にうまく使えない可能性も・・・。



・キリヌーク



一枚切カッターということで、紙が重なった状態で使っても一枚しか切れず、二枚目は無傷、というものらしい。
新聞の切り抜きなんかするときは下敷きいらないので便利ですね。

ただ、下敷き無しで紙一枚だったとき。机に傷付かないんでしょうか?下に紙があるときは切れないけど、他のものだったら?これは実際使ってみないとわからないですね^^;



さて残り2つはちょっと本気で欲しくなったもの。
文房具屋でチェックしてきたいと思います!

・バイモ11フラット



なんと40枚まで閉じられるホッチキス。普通のは20くらいなので倍くらい。名前の由来も「倍も」から来てるそうです。
仕事で分厚い書類を閉じるのに大きいホッチキスを使ってますが、普通サイズのホッチキスでできるならいいですね~。結構本気で欲しいです。

ただ、針のサイズが違って11号。普通の小さいのが10号、大きいのが3号で、それは会社にありましたが11号は無し。針まで自腹はなぁ・・・。



・シールメーカー



シールにしたい紙を入れるだけでシールができるという優れもの。
商品に貼るステッカーなんかも簡単にできちゃいそうです^^



さて、文房具ホント色々ありますね。
どんどん新しいものが出てきます。たまに大型の文房具屋に行って情報仕入れないといけないですね^^
ただ行って新しいもの、珍しいもの見るだけで楽しいので、また時間作って行ってきます!!



最後に。
前にも紹介したかもしれないですが、以下の本オススメです。

[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!

様々な文房具だけでなく、その便利な使い方やビジネスでの活かし方なども書いてあり、美崎さんならではの絶妙な脱線で読みやすいです。
関連記事




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。