スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




脱会議100日マラソン 記念講演その1~実践者の事例~


本日は横山信弘さんの「脱会議100日マラソン」記念講演に行ってきました!






いつも横山さんのセミナーはとても熱い!
そして、毎回新たな学びがあります。

今回も色々と書籍には載っていない内容で学びがありました。
が、その話はまた今度w


今回は横山さんの講演は半分で後半にディスカッションがありました。今日はそっちについて書こうと思います。


まず参加者の中で脱会議を自分の会社などで実践している方に色々と事例をお聞きしました。


1人の方は、定例の進捗会議をまるっと削減することに成功したそうです。

その進捗会議、誰も事前準備をせずに、営業の実績報告をその場で電卓使って計算しながら報告。
当然みんな電卓叩くのに夢中で人の報告なんて聞いていない、社長が報告聞くためだけの会議を週1回、他県からもメンバー集めて行っていたそうです。

う~ん・・・、無駄ですねぇ・・・

それを、既存の社内システムを有効活用するなどして社長に報告する仕組みを作って会議自体は無くすことに成功!
しかもそれが原因かわからないですが、会議をやめてからの3ヶ月間、売上が伸びて前年同月比で120%だそうです。
素晴らしいですね~!

しかし横山さんはそこに更にアドバイス
会議削減→売上アップは因果が通ってないので、その間にもう少しあったほうがいいと。

例えば
会議削減→その分、営業件数アップ→売上アップ

こうすることで、再現性ができる。

確かに因果が飛んでるのを繋げるだけで再現性がアップして何が効果があったのかわかりますね^^



その後は各会社の会議時間を見積もって、どんな問題点があるかそれぞれ書いて、その後ディスカッション。
ブレーンライティングってやつですね。

たまたま同じグループだった方が、会議がまったく無い会社の方ということで、会議が無いことによるデメリットが無いか等お話を伺うことができました。
その方曰く、会議が無いけど頻繁に電話やメールで状況を聞くようにしているので全く問題が無いとのこと。


横山さんの書籍に「定例会議があることにより報・連・相が減る」と書いてありましたが、その逆の好例ですね。

必要な会議もあるかもしれないけど、無駄な会議はやっぱり多いのでしっかり削って、その分を成果へと繋がる行動へと変えていかないといけないですね!

今回、色んな方のお話を聞けて大変良い刺激になりました。
自分も少しでも会議を減らせるように頑張ります!

前半の横山さんの講演内容に続く・・・
関連記事




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。