スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




グズグズ病克服のための5つのテクニック~さいころセミナーα 目標達成の心理学~



今日(もう昨日か^^;)は、山崎さん主催の「さいころセミナー」に久々の参加!
さいころセミナー、色んなテーマを心理学の切り口で学べるオススメのセミナーです^^

いつも通りワークが多く、ブログで紹介するだけじゃ良さが伝わり切らないかもしれないので、気になった方は是非参加してみてください!


噂のタスクールにもやっと初めて行くことができました~


export.png


今回のテーマは「グズグズ病を克服しよう 目標達成の心理学」



ぐずぐず度の測定、ぐずぐずの特徴の分析、それぞれのタイプの対処法、克服のための5つのテクニックといった感じで進めていきました。



・まずはできていないことを書き出して、やりたいのにできてないことなのか、やりたくないからできてないことなのかを分けてみる。

・やりたくないことは未来の自分に押し付けてしまう。未来の自分は意外とやらないということを理解することが大事

・やりたいことは、ほどよい小ささに分解する。目標を課題に変える(ダイエットをする→運動をする、間食をやめるなど)。小さい目標にして達成感を得る(10kg減量→まずは3kg減量)



最後に5つのテクニックを紹介。

1.ビジュアル化
 ⇒目標やタスクをToDoリストやチェックリストで見える化する。ポイントカード形式がオススメ。

2.事前行動
 ⇒ハードルを下げる。

3.理想化
 ⇒理想のロールモデルを意識する。「あの人だったらどうするだろうか・・・?」と考えると実行できる?

4.追い込み
 ⇒周りの人に宣言したり、期限付きのチケットを買うなどして、やらなければならない状況を作る。

5.巻き込み
 ⇒他人を巻き込んで一緒にやる。SNSなどを利用。


他人の巻き込みなどの例として、勉強会などの実際に開催されている例などを紹介いただきました。具体例ってのはわかりやすくて参考になりますね^^



実は上記のポイントカード形式、去年に石田淳さんの本を読んで実行したことがありました。
そのときは最初はうまくいったんですが、ポイントが貯まったときの「御褒美」やダメだったときの「罰ゲーム」の設定がイマイチでちょっと続きませんでした。

これって「御褒美」の設定がうまくできるかが肝だと思うんですよね。なので、そのことについてセミナー後に山崎さんに質問してみました。

御褒美のコツは、あまり価格が高くないものを設定することだそうです。
例えば、大きな目標を達成したときの10,000円の御褒美を用意するよりも、小さな目標にして500円の御褒美を20回のほうが良いそうです。

山崎さん御夫婦はモーニングを御褒美にしてるそうです。
私には「ハーゲンダッツとか良いんじゃないですか~?」と勧められました。

確かにスイーツ好きなのでちょうど良い!ハーゲンダッツ買うと何かちょっと贅沢した気になりますし、それでいてそれほど高くもありません。ピッタリですね^^



今回、さいころオリジナルということで克服法を5つにまとめていただきましたが、行動科学マネジメントや脳科学の以下の書籍が参考になると思いますので紹介しておきます。











両方ともとてもわかりやすく参考になると思います。
イラストがとても多く、軽い感じで読めるのでオススメです^^


関連記事




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。