スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




怠惰な時間が生産性を上げる!ダラダラ時間をスケジュールに組み込もう!

ダラダラとした休日を過ごしていたら、こんな記事が
「あえてダラダラすること」があなたの毎日に健康と創造力をもたらす


lazy sunday / David Urbanke




先日も「グズグズ病を克服しよう 目標達成の心理学」というテーマのセミナーに参加してきましたが、ダラダラしてもOKってこと!?と思い記事を読んでみると・・・




>本当は「何もしない時間」をわざわざ予定を組んでまで持つべきなのですが、だからといって、ダラダラするのがいいというわけではありません。働くのも休むのも適度にということです。

とのこと。
良いアイディアもリラックスしてるときに閃いたりするし、そういうのも重要ってことですね。
要はバランスが大事。頭を空っぽにする時間も必要なわけです。
それに関してはこちら↓
空っぽ?無我の境地?~問題解決のために思考をオフにするということ~




何もしない時間を予定に組み込んで意識的に取るのも大事だなーって前から思ってて土日とか休みの日には「意識的にダラける」なんてことも考えたりしてたんだけど


>毎日1時間半、無理して退屈な時間を持ちます。カフェで携帯電話を機内モードにし、インターネットも電話もしないで、ただ座るのです。

毎日1時間半か、意外と長い(・_・;A


理央さんが1冊目の著書「サボる時間術」の中でサボり時間(戦略的に考える時間)にまとまり時間で6時間取ってると記述があるけど、それと合わせると7.5時間ですね、長い^^;





少しずつでも「戦略的な時間」と共に「何もしない時間」というスケジュールを入れてみよー!!

関連記事




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。